お気に入りの空間!?自分だけの空間を作れる

好きな音楽をかけて楽しめる

トラックドライバーは、基本的に1人で運転します。長距離ドライバーの場合は、数日かけて運転するケースもあるでしょう。そのためトラックの運転中は、自由に過ごすことができるのです。たとえば、運転中にずっと好きな音楽をかけることも可能です。窓をあけなければそれほど音が漏れることもないため、大音量でも楽しめます。歌うことが好きな場合は、大きな声で歌いながら運転しても誰にも迷惑をかけません。トラックの中が、まるでカラオケのような空間になるでしょう。音楽を聴いたり歌ったりしながらできる仕事は少ないため、トラックドライバーならではの大きなメリットだといえます。ただし、もちろん法律や常識の範囲内で楽しむ必要があります。

車内をカスタマイズできる

就職する会社にもよりますが、中小企業の場合は、トラックドライバーがそれぞれ自分だけのトラックを持つケースが多いです。その場合は、自分が担当するトラックを自由にカスタマイズできます。たとえば、クッションを持ち込んで腰にあてながら運転すると、腰痛の予防が期待できるでしょう。また、冬場は電気毛布を取り入れると、身体の冷えを軽減できます。長時間暖房を付けていることによる、喉の乾燥を防げるでしょう。万が一暖房が付かなくなった時でも安心です。さらに、趣味に関連したグッズや本を持ち込めます。そうすれば仕事のモチベーションアップに繋がりますし、休憩中に読んだりしてリフレッシュできます。ただし、会社によってはカスタマイズが禁止されている場合もあるので、注意してくださいね。