運ぶものは多種多様!トラックへの積み下ろしも仕事

トラックドライバーが運ぶものとは?

ひとえにトラックドライバーとは言っても、運ぶものは多種多様です。例えば大型トラックのドライバーなら、野菜や魚といった食材を市場から小売店へ届けたり、工場で製造された製品を販売店舗へ運送するケースが考えられます。また、小型トラックのドライバーなら、個人宛の荷物を運ぶこともあるでしょう。このようにトラックドライバーの仕事は運ぶアイテムが限定されません。さまざまな荷物に対応することが求められます。壊れやすいものを運ぶなら慎重に運転する必要がありますし、荷物の積み込み方も工夫しなければなりません。トラックドライバーの仕事は高い運転技術が求められることはもちろんとして、状況に応じて荷物を適切に運ぶスキルも求められることを覚えておきましょう。

運転だけじゃない!荷物を積み下ろしすることも大事な仕事!

運転が好きだからという理由でトラックドライバーを目指す人が多くいますが、トラックドライバーの仕事の多くは運転だけをしていれば良いという訳ではありません。運ぶ荷物を自分でトラックに積み込んだり、運送した荷物をトラックから降ろして取引先に届けたりなどといった「積み下ろし作業」もトラックドライバーには欠かせない仕事です。ですから、トラックドライバーを目指す際には、運転だけではなく積み下ろし作業にも携わるということをしっかりと把握しておきましょう。この積み下ろし作業ですが、運ぶ荷物が重い場合はそれなりの筋力や体力が必要になります。もし力作業は苦手という人がいればトラックドライバーの求人に応募する前に、どのような荷物を運ぶことになるのか確認したほうが良いでしょう。この荷物なら自分でも積み下ろし出来そうだと思えたら、求人に応募してみてください。

トラック運転手の求人を探す際には、通常の求人情報サイトのほか、ドライバー専門の求人サイトなど、複数のホームページを活用すると選択肢が広がります。