商品のアピールも!マーケティングも仕事

働きながらセールスのスキルを磨ける会社を選ぼう

トラックドライバーの職種の中でも、比較的狭いエリアで個人宅へ荷物を届けるセールスドライバーは、商品のアピールなどマーケティングを任されることもあります。そのため、個々の顧客に商品に対して良い印象をもってもらうためにも、働きながらセールスのスキルを磨くことができる就職先を探すのがおすすめです。最近では、新人のドライバーを対象にプロの講師によるセールスの研修を実施したり、先輩のドライバーが直接指導を行ったりしている運送会社も珍しくありません。そこで、就職をしてすぐにマーケティングの成果を上げたい人は、就職活動中に複数の運送会社のドライバーの教育制度について自分なりにしっかりと確認しておきましょう。

実務経験やコミュニケーションに自信がある人は高収入を狙える

セールスドライバーとして運送会社に就職を希望する人は、それぞれの会社で必要とされているドライバーの人物像について、採用面接の前に把握をしておく必要があります。特に、顧客と接する機会が多い会社においては、運転技術だけでなく、セールスの実務経験が豊富な人や、コミュニケーション能力などの面で優れている人が重宝される傾向があります。また、営業成績が良いドライバーに対して特別な手当を支給したり、ボーナスの査定アップをしたりする会社も多くあるため、収入にこだわって職場を決めるのも良いでしょう。その他、働き始めてからセールスの基礎や対人コミュニケーションについて学びたい人は、新人へのフォローが行き届いている会社を見極めることが肝心です。

転職はそれまで勤めていた会社に対する不満の解消と、希望する条件の2つを満たすことが重要となります。トラック運転手の転職をする時は様々な情報に目を通して応募することが成功の秘訣です。